引越し・引越し業社のご紹介サイトです

contentsmoving引越しnaviホーム引越しの基礎知識引越しが決まったら引越しの流れ引越しのスケジュール引越し当日の確認引越し業者の選び方引越し荷造りのコツ引越し用語集

[PR]

Moving引越しnavi

荷造りのコツ

ここでは、上手な荷造りの方法をご紹介します。

 箪笥類・机類・食器類・本棚等

中身を全部出して、中身はダンボールなどに梱包して詰めましょう。大抵の引越業者はこれらの大きな物に関しては梱包して運んでくれます。中身だけきちんと出してあれば問題ないでしょう。

自分で運ぶ場合は、引出し等が出ない様に、紐などで縛るか、粘着力の弱いテープではりつけて押さえつけましょう。粘着力の強いテープではりつけると、糊が残ってしまったり、家具の塗りがはげてしまいますので注意しましょう。

スライドのガラス戸などは、はずして別に梱包しましょう。バスタオルや毛布で厚めにくるんで、テープなどで止めておき、ガラスと書いたメモなどを目立つところに貼っておくと安全です。棚板は、外れるものは全部はずして、紐などで結びましょう。

 人形ケース等

中で人形が動かない様に紙などを詰めて固定しましょう。扉が開かないように、紐などで縛って、適当な大きさのダンボールに入れましょう。買ったときの箱が無い場合は、大きな箱を解体して、カッターなどで適当な大きさに作り直して、ガラスケースとの間にすきまが開かないように梱包しましょう。

中の人形が小さく、陳列するタイプの場合は、中の人形を全部出して、別に梱包してください。梱包したガラスケースは、外側にガラスケースと明記して、絶対に物を上に乗せないようにしましょう。

 布団類

布団は、一組ひとまとめにして、大きな風呂敷などで包むか、風呂敷が無かったら、一組ずつシーツでくるみましょう。使わない布団の多い人は、布団屋さんなどで専用のケースを買ってくるのも良いです。

最近は、梱包材料屋で、紙製の使い捨ての布団袋も売ってます。近くにそういう店がある人は、相談してみるといいです。くるんだ布団の中に、額縁やガラス板などは絶対に入れないで下さい。

 ベッド

ベッドは、分解して各パーツをまとめておきましょう。引越先で先に組み立ててしまわないと、荷物が全部入った後には組み立てられない場合もあるので、ネジなどはすぐに出せる様にしましょう。

袋などに入れて、パーツにつけておくと良いでしょう。ウォーターベッドは、水を入れたままは運べません。
事前に購入した家具店などに相談して、分解、組み立ての手配をしておきましょう。
※最近は無料で分解組み立てしてくれる業者も多いようです。業者に頼む方は相談してみましょう。

 鏡台・ドレッサー

鏡台の中の化粧品は、割れない様にくるんで、ダンボールなどに梱包しましょう。そのままだと、輸送中に割れてしまいます。鏡の部分は外れるものが多いですので、不用意に持たない様、注意しましょう。

自分で運ぶ場合は、鏡部分をはずして、鏡面にダンボールなどで保護をした上で、バスタオルなどでくるんで、ひもを書けて運ぶと良いです。運送会社に依頼する場合は、そのままで良いことがほとんどですが、事前に確認した方がいいでしょう。

 本・書籍類

本は、丈夫な箱で、小さ目の箱に、分けて梱包しましょう。大きな箱に半分だけ入れるとかすると、箱がつぶれてしまいます。小さな箱にきっちり詰めましょう。

プラスチックの衣装箱などに入れると、重くて持ち上がりません。プラスチックが割れてしまいますのでやめましょう。紐をかけただけだと、重なりませんし、荷崩れの元になりますので、きちんと箱に入れましょう。

 電化製品類

冷蔵庫は前日までに中身を空にして、電源を抜いて扉を開けておいて、霜を取りましょう。電子レンジの中の回転皿は、ガラス製の場合、別に梱包しましょう。照明は、買ったときの箱に入れて運ぶのが一番ですが、なければ、電球と傘がぶつからない様に、梱包しましょう。

テレビやビデオ、コンポなどは、エアーキャップなどで一個ずつ厚めにくるんでおくと良いでしょう。配線をはずす時に、コードと本体に、番号をつけた紙を貼っておくと、引越先で悩まずにすみます。
※ビデオに代わりハードディスクレコーダーなる物が普及してきておりますが、パソコン並みに厚い梱包が必要です。注意しましょう。